のんびりお子さんの登下校への恐怖

きのうは、めずらしく身は昼ではない時間に買物に行きました。
するといつもと違うひとときだったからか小学校が下校する時間ってかち合ってしまいました。
家にも、近々小学校になる乳児がいるので思わず気になって小学校のサークルに目がいってしまいました。
うちのキッズの伺う予定の小学生は、往きは登校グループで帰りはおんなじ学年の近所のちびっこで固まって戻るのが決まりになっています。
ですから、一人ぼっちで戻ることはないって説明会で先生から言われて身は親として安心していました。
その時に身が見ていたサークルは、偶然にも我が家のマンションに住んで要る子供達でした。
それも小学ゼロ年生の5他人くらいのサークルでした。
すると、その中におけるちびっこの中の一人だけ男児が少し遅れてついて行ってました。
二度と暴行とかではなく、ただただそのキッズがブラブラしててサークルといったいつの間にかちょっぴり離れてしまう。
合図渡った子供たちに気付かれることなく置いていかれみたいにもなっていて、身は心配してしまいました。
そうして帰宅して身は、うちの乳児が余りに悠然とやる調子を見ていてまた不安になってしまいました。
だって、みんなでまとまって帰宅するから何とかなるかなと思ってたのに、その時見かけた男児のようにわがキッズはぼけっとして置いていかれてしまうかもしれません。
入学して当分の間は無事にわがキッズが帰ってこれるかどうか身は意思が意思ではないかもしれませんね。

シースリ― 札幌 口コミ