ピアノの学習でチェルニーを弾いたが、いつもとは違う体感

ピアノの成長は年間前から通常欠かさず行っているルーチンだ。がんらい小さい頃からピアノを習ってましたが、やめてから徹頭徹尾弾かない太陽が5時世上記続きました。ようやっと持ち家におけるんだから、そのままにするのはもったいない。最近ではピアノが周知症阻止に良いことや脳の行動を決めるといったTVで知る機会が増えましたから、将来の自分の脳への財テクだとも見なし、始めました。あたしが弾きたいのは、jpopよりもクラシック。ドビッシーのアラベスク最高やショパンの名曲を弾いてみたい。モーツァルトやベートーベンの曲も素敵だし、その他の作曲持ち家もいいな♪どの曲を聴いても心理が洗われるし、熱唱やるヤツを見極める度に、私も弾きたいって激しく想う。思いを叶えるためには成長あるのみだが、私の実力は楽譜を読んではじけるが、どの曲もステップ通りには弾けない。譜読みが遅いので、もう色んな曲を弾く成長が必要です。指が手早く回らないこともある結果、譜読みとは別に指の増強も必要。ハノンを持っていないあたしはチェルニー30番といった40番を弾くため指の増強を目指します。今日も指成長から発進。前日から感じていることですが、いつもは指間近が悪くても30分け前弾けばペースが戻るが、1ターム弾いても余程立ち返る気配がないのです。こんなことって、これまでになかった(泣)。どうしてだろう?私の秘める握りこぶしに汗をかいて仕舞う慣例におけるのかな?常に手袋はめて弾いてみると、間近い感受性はあるが、なんかほんのり違う。弾いていて音響が壊れるし、ラクラク弾けていません。思ったことは、ピアノって難しいですね。譜読みもそうけど、頑張っても殊に指は何だか応えてくれません。終始美しくも酷くもならず現状維持のままですが悪くならないからマシといった前向きに考えてきました。但し、こうなるとなんで?って全く落ち込みます。

梅田 脱毛 予約